事業案内

事業所一覧

施設名をクリックすると詳細へジャンプします。
  1. 吉沢学園
  2. 希望の家
  3. 福祉ショップ&喫茶もみの木
  4. 市原市三和福祉作業所
  5. こどもステーション
  6. 浅井小向デイサービス「えん」
  7. 中核地域生活支援センター
  8. いちはら生活相談サポートセンター
  9. 障害者グループホーム等支援事業

吉沢学園

住所
千葉県市原市吉沢117
TEL
0436-98-1562
FAX
0436-98-1398
Mail
info@kikyo-kai.or.jp
地図はこちら
https://goo.gl/maps/8jsbtvBJBAFkFMR17
Photo gallery
日常 作業 行事 職員

作業風景

林産班

国産の原木、国産のコマ菌を使用した安全で安心して食べられるしいたけを作っています。香りが良く、肉厚で食べ応えのあるしいたけは、とても美味しいと大評判です。

菌床椎茸班

平成25年度から新しい試みとして、菌床椎茸を開始しました。菌床の棚上げを行い、暫くしてから菌床を覆っている袋を取り除き、水かけ・温度管理を毎日行い、四苦八苦しながらも何とか椎茸を発生させる事ができました。収穫した椎茸は牛久のTマートで販売しています。

アクティブ班(リサイクル部・活動部)

学園の周りの家や地域のお店で空き缶を回収し洗浄、選別してつぶしています。缶運び、プルタブ取り、缶つぶし、袋詰め等利用者それぞれの能力にあった作業内容を提供し、リサイクル運動に貢献しています。

製パン班

吉沢学園名物のラスク等を作っています。みんな上手に作れるようになりました。新商品の開発も頑張っています。

園芸班

たくさんの花苗をつくっています。マリーゴールドやパンジー、葉牡丹など種類も豊富です。

ハウス農耕班

利用者と一緒に野菜を栽培する楽しさや、地域の販売行事で、作った野菜を販売する楽しさを経験することを目的として、日々作業活動に取り組んでいます。


希望の家 (共同生活援助 グループホーム)

世話人から食事等の提供を受けながら共同生活をし、日中はそれぞれの作業場で活動し、夜は自由に自分の時間を過ごしています。 吉沢学園がバックアップ体制をとっています。

希望の家きちさわ
住所:市原市吉沢88-1 定員5名(平成18年4月開設)
希望の家きちさわ花館
住所:市原市吉沢99‐1 定員6名(平成25年4月開設)
希望の家きちさわ 葵館・桜館
住所:市原市吉沢227 葵館~定員6名、桜館~定員6名(平成30年4月開設)
希望の家うしく壱番館
住所:市原市牛久300-5 定員5名(平成21年4月開設)(平成29年1月増築)
希望の家うしく弐番館
住所:市原市牛久300-1 定員5名(平成22年4月開設)
希望の家うしく参番館
住所:市原市牛久300-2 定員5名(平成25年4月開設)

福祉ショップ&喫茶もみの木(就労継続支援事業B型)

住所
千葉県市原市牛久882-6
電話番号
0436-92-5757
営業時間
10:00~16:30(16:00が喫茶のラストオーダーとなります)
休み
毎週 月曜日 ※ 但し、お盆期間、年末年始は変更となる場合があります。
メニュー表
【01】 【02】   【パンバイキングご案内】
地図はこちら
https://goo.gl/maps/obY6D2yB9PT5mMu19

市原市三和福祉作業所

平成23年4月より、当法人が市原市三和福祉作業所の指定管理者となりました。 障害者自立支援法による、生活介護と就労継続支援B型の通所施設事業所となります。 生活介護の利用者さんには、理学療法士を含む個別支援体制に取り組み、就労継続支援B型の利用者さんには、木工、農園芸、縫製、パン作りなどの自主作業を行い、工賃アップに努力していきます。 さらに全体行事も取り入れ、楽しく日々を過ごせるように計画していきます。

住所
市原市海士有木259
電話番号
0436-36-8290
FAX
0436-36-8291
定員
生活介護25名、就労継続支援B型30名
ウェブサイト
http://sanwasagyosho.sakura.ne.jp/
地図はこちら
https://goo.gl/maps/cdEQA9SQhbgjEi5y9

こどもステーション(障害児通所支援事業 児童のデイサービス)

主な活動内容

対象児童

こどもステーション牛久 (児童発達支援&放課後等デイサービス)
住所:市原市牛久882-6(福祉ショップ&喫茶もみの木2階) TEL:0436-92-0025 営業日:日曜を除く毎日。但し、第1・第3日曜日は営業し翌日の月曜日休日(12月29日~1月3日を除く) 時間:10:00~18:00 *送迎サービス有り
こどもステーション東国分寺台 (児童発達支援&放課後等デイサービス)
住所:市原市西広5-2-7 TEL:0436-20-0039 営業日:日曜を除く毎日(12月29日~1月5日を除く) 時間:9:30~17:30 *送迎サービス有り
こどもステーション菊間 (児童発達支援&放課後等デイサービス)
住所:市原市菊間3260 TEL:0436-37-2600 営業日:日曜日を除く毎日。但し、第2・第4日曜日は営業し翌日の月曜日休日(12月29日~1月3日を除く) 時間:9:30~17:30 *送迎サービス有り
こどもステーション三和 (児童発達支援&放課後等デイサービス)
住所:市原市海士有木259 TEL:0436-36-8290 営業日:日曜日を除く毎日(12月30日~1月3日を除く) 時間:9:00~18:00 *送迎サービス有り

平成29年度 児童発達支援&放課後等デイサービス評価表

こどもステーション牛久 
こどもステーション東国分寺台 
こどもステーション菊間 
こどもステーション三和

平成30年度 児童発達支援&放課後等デイサービス評価表

こどもステーション牛久 
こどもステーション東国分寺台 
こどもステーション菊間 
こどもステーション三和


地域密着型通所介護事業(介護保険事業)

浅井小向デイサービス「えん」

平成24年4月1日に開設しました。庭付き一戸建ての民家を改修した高齢者デイサービスです。 みなさんそれぞれ歩んでこられた人生があります。「えん」は、その方の生き方・思いを大事にして「ほっ」と安心して過ごして頂ける場所でありたいと思います。

雰囲気

定員10名の小さなデイサービスです。ご自宅との環境の差が少なく、日々の生活で「やすらぎ」「楽しみ」を感じ、安心して過ごす事がモットーです。 集団・個別それぞれのスタイルでお楽しみいただけます。

活動

将棋・歌・映画鑑賞・買い物・手芸品作り等

お風呂・食事

入浴は、家庭と同じお風呂です。プライバシーに配慮した空間で、一人一人ゆっくり入れます。 食事は、庭で採れた旬の食材を取り入れた美味しい食事を手作りで提供します。

マッサージ・機能訓練

プロによる個別のリハビリや、マッサージが受けられます。(無料)

一日の流れ
8:00
朝のお迎え
8:50
到着後、おしぼりとお茶の提供、バイタルチェック
10:00
趣味活動、ティータイム、マッサージ師によるマッサージサービス、入浴
11:50
口腔体操
12:00
手作りの昼食、服薬介助、口腔ケア
13:30
整容、休息、入浴
14:00
入浴、散歩、レクリエーション(カラオケ・ゲーム)
15:00
おやつ、ミニレクリエーション(テーブルゲーム)
15:45
帰宅準備
16:05
夕の送り
お問合せ窓口
電話番号:0436-67-1005(担当:小川) 住所:市原市浅井小向125 受付時間:8:00~17:00(日曜日・水曜日を除く)
地図はこちら
https://goo.gl/maps/g4D2usrHoSMCmQjc9

中核地域生活支援センター「いちはら福祉ネット」(千葉県委託事業)

千葉県では、対象者横断的な施策展開を図る健康福祉千葉方式を推進しており、その一環として、平成16年10月から、福祉サービスのコーディネート、福祉の総合相談、権利擁護等の機能を併せもった「中核地域生活支援センター」を設置し(現在県内13箇所)、24時間365日体制で実施しています。 目的は、子ども、障害者、高齢者等誰もが、ありのままにその人らしく、地域で暮らすことが出来る地域社会を実現する為に、民間サイドの福祉サービスの拠点を設置し、一人一人の状況に合わせて、福祉サービスのコーディネート、総合相談、権利擁護を行います。 そして、「地域の福祉力」「人の福祉力」を活かし、つながりのある地域社会を目指します。 市原圏域において、「いちはら福祉ネット」が平成18年4月から受託し、コーディネーターが福祉の総合相談業務を行っています。

いちはら福祉ネット

住所
市原市東国分寺台3-10-15
電話番号
0436-23-5300
FAX
0436-23-5225
ウェブサイト
http://park22.wakwak.com/~ichihara_f.net/
地図はこちら
https://goo.gl/maps/KFfHfXkrUpM6rn3aA

生活困窮者自立支援事業(市原市委託事業)

いちはら生活相談サポートセンター

住所
千葉県市原市東国分寺台3-10-15
電話番号
0436-37-3400
FAX
0436-37-2710
ウェブサイト
http://park10.wakwak.com/~ichihara.sapo/

平成27年4月1日より「いちはら生活相談サポートセンター」を開設しました。 経済的な困窮や社会的に孤立して生活に不安がある人が、自立した生活を送れるよう生活相談支援員が一緒に解決していきます。相談費用は無料です。

生活困窮者自立支援事業とは

生活保護に至る前の段階の自立支援策の強化を図るため、生活困窮者に対し、生活相談支援事業の実施などを行います。

事業概要

1.自立相談支援事業

生活困窮者の相談に応じ、個々人の状態に合った支援計画を作成し、必要なサービスの提供につなげます。

2.就労準備支援事業

一般就労に従事する準備としての基礎能力の形成を計画的かつ一貫して支援します。 生活習慣形成のための指導・訓練や社会的能力の取得、就労体験の場の提供などを行います。

3.学習支援事業

生活困窮家庭等の子供への学習支援や保護者への進学等の助言を行う事業です。 現在、中学生へ数学と英語の学習支援をマンツーマンで行っています。

4.家計相談支援事業

家計収支の均衡が取れていないなど、家計に課題を抱える生活困窮者からの相談に応じ、必要な情報提供や専門的な助言・指導等を行います。


障害者グループホーム等支援事業

目的事業

この事業は県内の障害者のグループホーム、ケアホーム及び生活ホーム(以下「グループホーム等」という。)のバックアップ体制を強化し、グループホーム等の量的拡充と質的向上を図ることにより、グループホーム等で暮らす障害者の生活の質の向上と、施設入所者、在宅障害者等のグループホーム等を利用した地域生活への移行を促進することを目的とする。(千葉県委託事業)

業務内容

グループホーム等に対する相談支援
グループホーム・ケアホームの新規開設支援
地域におけるグループホーム等相互の協力体制の整備
市町村、地域自立支援協議会、相談支援事業所等との連携体制の整備
グループホーム等の事業に関する情報収集、分析、提供
グループホーム・ケアホーム制度の普及、啓発
その他、グループホーム等の事業の充実のため必要と認められる業務

連絡先

担当
市原圏域障害者グループホーム等支援ワーカー 近藤大祐
住所
千葉県市原市東国分寺台3-10-15 (中核地域生活支援センター いちはら福祉ネット内)
電話番号
0436-23-5300
FAX
0436-23-5225
ウェブサイト
http://park22.wakwak.com/~ichihara_f.net/

事業所地図

サイトメニュー

Copyright© 社会福祉法人 ききょう会. All rights reserved

ページの先頭へ